千葉県議会議員 仲村 ひであき(仲村 秀明)

千葉県議会議員 仲村 ひであき(仲村 秀明)

本日は「チバニアン」で現在大きなニュースとなっている、市原市にある田淵の地磁気逆転地層を公明党の角田県副代表、県議団、市原市議団で視察しました。
この地層は77億年前に起こった地磁気の逆転して行く様子が連続して分析・観察できる海底堆積層で、世界でもイタリア南部と房総半島の地層だけで、なかでも田淵の地層が観察に最適な条件を備えている事から研究が進められています。
現在、千葉セクションは地質境界のGSSPの第一候補に選ばれ、正式に認定されればこの地層の含まれる時代がチバニアンとして呼ばれるようになります。
こうした重要な地層の保護や活用などについて、市の職員からも詳しく説明して頂きました。
我々公明党県議団では、田淵の地層について議会でも取り上げてきました。また、私も所属している超党派のジオパーク議連でもこの田淵の地層を活かしたジオパーク構想を推進して行きたいと考えています。

今後が大変に楽しみになって参りました!

画像に含まれている可能性があるもの:15人、座ってる(複数の人)、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人、屋外、自然
画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、屋外
仲村 ひであき

仲村 ひであき 千葉県議会議員

民間企業の営業マンとして、顧客と企業を結ぶ最前線で17年間勤務してきました。

船橋市議会議員を一期務めた後、2015年に千葉県議会議員に当選いたしました。スピードと誠実をモットーに「すべての世代にやさしい千葉」「安心・安全の千葉」「活力と魅力ある千葉」を目指します。

こちらの記事も合わせてお読みください

ページTOPへ