千葉県議会議員 仲村 ひであき(仲村 秀明)

千葉県議会議員 仲村 ひであき(仲村 秀明)

#公明党千葉県本部 #政策要望懇談会 の3日目。

今回私は司会を務めさせて頂き、2団体からお話を伺いました。
両団体ともに、原油高騰などによる厳しい経営状況を訴え、支援を求められておりました。

公明党のネットワーク力も活かし、課題の解決に取り組んで参りたいと思います。

#千葉県議会フリースクール等教育機会確保議員連盟 の県外視察2日目の最後は、オルタナティブスクールの箕面こどもの森学園を視察。

子供たちが主体となって学習を進める自由な教育方法をベースとして、子どもの主体的な学びを支援しており、現在小学生が50人、中学生が20人学んでいます。

民営施設ならではの特徴ある取り組みは、多様な学びの観点から大変参考になりました。

千葉県議会フリースクール等教育機会確保議員連盟の県外視察2日目は大阪に移動。

本日の視察1箇所目は大阪府池田市のフリースクール「スマイルファクトリー」へ。
この施設は平成15年に日本初の公設民営フリースクールとして開設しました。

運営状況や市教育委員会や学校との連携ついて、公設民営ならではの取り組みを伺うことが出来ました。

千葉県議会フリースクール等教育機会確保議員連盟の県外視察の2カ所目は、兵庫県が不登校児童生徒等の支援のため設置している県立神出学園へ。

この施設は、中学校卒業から23歳未満の方を対象とした宿泊型のフリースクールです。
寮生活を基本に、年間の様々なプログラムを通じて社会的自立の支援を行なっており、生徒達は豊かな自然の中での共同生活で、自分の生き方を見つけています。

公立のフリースクールという先駆的取り組みなので、運営や予算に関するお話しは勉強になりました。

また、様々ご苦労がある中で、生徒達のために懸命に取り組まれている学園長や職員のお話に感動しました。

本日は感染対策に注意しつつ、千葉県議会フリースクール等教育機会確保議員連盟の県外視察で兵庫県にやって参りました。

出発時には豪雨により新幹線が遅れ、どうなることかと思いましたが、少し遅れたものの無事に到着。

最初の視察先は兵庫県教育委員会。
兵庫県は不登校児童生徒等を対象とした県立施設(3施設)や、教育支援センターでの支援の他に、市町や学校、民間施設の連携をより一層図るため、ガイドラインを策定するなど積極的な取り組みを行なっており、大変勉強になりました。

特に不登校児童生徒が民間施設を利用した際の学校の出席扱いについては、ガイドラインが大きく役立っていると感じました。

千葉県での取り組みに役立てたいと思います。

ページTOPへ