千葉県議会議員 仲村 ひであき(仲村 秀明)

千葉県議会議員 仲村 ひであき(仲村 秀明)

角田秀穂衆議院議員と共に、千葉大学附属病院において千葉県移行期医療支援センターの取り組みについてお話を伺いました。

移行期医療とは、小児期発症の病気を抱えたまま成人年齢に達した方が年齢に見合った医療を受けられるようにすることです。

千葉県移行期医療支援センターは令和元年10月から設置されましたが、移行期医療を知ってもらう為の周知や、人材確保、スムーズな移行の為のネットワーク強化などの課題もあります。

移行期医療は重要な取り組みですので、しっかり応援して参ります。

千葉県議会議員 仲村 ひであき

仲村 ひであき 千葉県議会議員

民間企業の営業マンとして、顧客と企業を結ぶ最前線で17年間勤務してきました。

船橋市議会議員を一期務めた後、2015年に千葉県議会議員に当選いたしました。スピードと誠実をモットーに「すべての世代にやさしい千葉」「安心・安全の千葉」「活力と魅力ある千葉」を目指します。

こちらの記事も合わせてお読みください

ページTOPへ