千葉県議会議員 仲村 ひであき(仲村 秀明)

千葉県議会議員 仲村 ひであき(仲村 秀明)

本日は資源エネルギー問題懇話会で、豊田市のとよたエコフルタウンを視察しました。
豊田市は2009年から環境モデル都市として国からの認定を受け、低酸素社会に向けた取り組みを進めています。エコ住宅や次世代自動車への補助を行うと共に、産学官の連携による次世代エネルギーや社会システム実証事業も行っております。
よとたエコフルタウンでは、こうした取り組みが市民にもわかりやすく展示されています。
豊田市はトヨタの企業城下町としても有名ですので、特に自動車関連の取り組みには力が入っているようです。新しい燃料として期待される水素自動車の普及にも取り組んでいました。電気自動車に比べ、燃料補給の時間が少なくて済む等のメリットも大きいですが、まだ車両本体の価格が高い事と、水素ステーションの整備拡大が課題です。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、空、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:画面、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル
画像に含まれている可能性があるもの:2人、立ってる(複数の人)、靴、屋外
仲村 ひであき

仲村 ひであき 千葉県議会議員

民間企業の営業マンとして、顧客と企業を結ぶ最前線で17年間勤務してきました。

船橋市議会議員を一期務めた後、2015年に千葉県議会議員に当選いたしました。スピードと誠実をモットーに「すべての世代にやさしい千葉」「安心・安全の千葉」「活力と魅力ある千葉」を目指します。

こちらの記事も合わせてお読みください

ページTOPへ